かっぱ寿司がブランド戦略にテコ入れしよとロゴを刷新する話題。

好調な回転寿司チェーン大手で唯一出遅れている「かっぱ寿司」が反撃に出る。運営するカッパ・クリエイトは29日、緑色の「かっぱ」でおなじみのロゴを変更すると発表した。新しいロゴは赤と金の皿を重ねたシンプルな図柄。消費者に定着してしまった「安っぽい」というイメージの払拭を急ぐ狙いだ。

日本経済新聞

ちなみに以前のかっぱ寿司のロゴはこんな感じ。

かっぱ寿司の旧ロゴ

これはこれで「かっぱ寿司!!!」という差別化はできているので別段悪くないと思うけど、消費者には「安っぽい」というイメージが染み付いているらしい。

新規スタートを切るのにロゴを変えるのは戦略としてはよくある。GAPとか失敗してるけど。

good design campany の水野学氏が手掛けた「中川政七商店」は、ロゴから何からあらゆるクリエイティブを水野氏が見事なディレクションで取り仕切ったからこそ今の人気がある。

ただ、デザイナー・ディレクターが優秀だっただけじゃなく、中川政七商店は元々良い素材を持っていたが、それをアピールする方法が分からなかった。そこを押し上げたのが水野氏なので、かっぱ寿司もロゴだけでなくしっかりと中身を変えないともちろん意味がない。

かっぱ寿司の新ロゴについての初見

で、かっぱ寿司の新ロゴがこれ。

新ロゴは皿をモチーフにしている。かっぱの要素はキレイに削いでしまった。赤色と黄色のお皿が交互に重なっているのは、たぶん「サビ抜きとサビ入り」の寿司をかわりばんこに食べたからだろうか。

かっぱ寿司新ロゴ

少し気になるのは、パッと見、皿のアールがキレイじゃないというかなんだかガタついて不安定に見える。左にやや傾いてるようにも錯覚するが…しない?水平線を引いたら端の高さはちゃんと揃っていたけども。

それと、良くも悪くもスタイリッシュに今っぽくしたシンボルに対して、ロゴタイプがどうも追っついてないというか…。あとスシローの持ち帰り袋のカラーやテイスト・イメージにちょっと引っ張られているよね。

Google検索:「スシロー 持ち帰り袋」

スシローの検索結果

 

かっぱ寿司の新ロゴ、デザイン手がけたのは誰だろう?

一部では佐●可士和氏じゃないかなんて言われたけど。たぶん可●和氏ならお皿は重ねない。そして「SUSHI」にする。

kashiwa sushi
たぶんこんな感じ。知らんけど 笑。

実家に住んでいた頃、近くの国道にかっぱ寿司があったんだけど、「かっぱ寿司はマズイ」というイメージというか、周囲の口コミみたいなのが影響してか1回も行ったことがない。

回転寿司は「あきんど(今はスシローで統一されてるんでしたっけ?」一択だったので、今回のイメージチェンジを機会に1回行ってみてもいいかも。